AGAと向き合おう

髪の毛を気にする男性

誰もハゲたくてハゲてるわけじゃない!ハゲたことが無い人にこの気持ちがわかってたまるか!今、心が泣いているあなたへ、私は伝えたい。AGAだからって本当に諦めていいのか?いや絶対に諦めるな、自分を信じることが自信に繋がる第一歩。

AGAの原因は何なのか

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、頭髪の脱毛が極端に増えたり、毛髪の成長が衰えて細くなってしまうことで、頭髪が薄くなっていく症状です。AGAとなる原因は一般的には遺伝と男性ホルモンによる影響と言われており、例えば両親がどちらも禿げている場合は、高確率で禿げる要素を遺伝するため、AGAになりやすいと言われています。正確には毛髪が禿げる要素となる男性ホルモンに対する感受性の遺伝で、両親だけでなく母方の祖父母、さらに前の代からの隔世遺伝によって起こります。つまり、両親が禿げていなくても、祖父母の代で禿げている、あるいはそれより前の代で禿げが見つかれば、AGAのリスクは高まります。そして根本的な原因となるのは男性ホルモンで、男性の中で最も多いと言われる体毛を濃くする要素のテストステロン単体は影響しませんが、これが毛乳頭に存在する還元酵素の5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが生成されます。この物質が毛母細胞に移行すると毛髪の成長因子を狂わせる信号を送るため、ヘアサイクルが大きく乱れて成長しなくなり、さらに脱毛が起こるようになります。通常ならば信号を送られても大きな変化は見られませんが、感受性の高い遺伝子があると簡単に影響を受けるようになります。これがAGAのスイッチと言われ、1度でも薄毛の進行が始まると、自然治癒することなく徐々に症状が進行していきます。また、頭皮の血行障害によっても薄毛が起こる可能性があり、毛細血管と毛根は繋がっており、本来は血液から栄養素が送られることで毛根が活性化して髪の毛が伸びるのですが、血液の循環が悪いと、栄養不足に陥って毛根が弱る原因となります。この場合は血液の流れを良くすることで症状は改善し、完治することもできますが、前述の遺伝は完治することが不可能とされています。

AGAになってしまったらまずどうすればいいか

もしも頭髪が薄くなってしまった時、その原因としては複数のものが考えられますが、中でも最近はAGAによって引き起こされる薄毛症状が大きく話題となっています。このAGAとは、男性ホルモンが活性化して体内を巡る中、頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素がそれに反応し、DHTという物質を作りだしてしまいます。これを毛乳頭の感知機能が察知することですぐさま髪の成長サイクルが乱れ、そのまま抜け落ちていってしまうのです。自分の薄毛がAGAかどうかを判断する基準は、まずその薄毛の進行が頭皮の両サイドや頭頂部を中心に起こっているかにあります。これらの部位は男性ホルモンの影響を受けやすく、それゆえAGAの症状も顕著となりやすいのです。その上でもしもAGAであることが疑われるのであれば、まずは何らかの医療機関を受診して医師の診断を受けてみることが重要です。最近では総合病院ではなくても内科や外科、皮膚科などのクリニックなどでもこれらの診察や治療を受けることができ、この症状における特効薬であるフィナステリドが配合されたプロペシアなどの飲み薬や、さらにミノキシジルを配合した塗り薬などを処方することで治療に当たることが可能です。さらに医師によって薄毛改善のための生活指導なども行ってもらえます。ただし、もっと最初から専門的な医療機関を選びたいのであれば、薄毛治療専門クリニックや美容クリニックなどを選ぶという方法もあります。これらの医療機関では頭髪医療に関する専門的な医師や機器がそろっていますので、頭髪の遺伝子検査によってAGAかどうかを診断したり、あるいは飲み薬や塗り薬以外にも、成長因子や栄養分を配合した液体を頭皮に注射するなどの専門施術を受けることが可能です。

AGAの治療薬は何がある?

AGA治療は男性型脱毛症と呼ばれる激しい抜け毛を主症状とする薄毛の問題の治療を意味する言葉です。この問題の原因としてはある種の男性ホルモンの働きによって抜け毛が促進しているという内容が知られていますが、近年になってこの男性ホルモンの働きを抑制させることが出来る薬品が実際に使用されるようになってきています。この薬物療法による抜け毛予防対策のことを男性型脱毛症の治療という意味を込めてAGA治療と呼んでいます。この治療の登場を今かと待ちわびていた人は少なくありません。このAGA治療はこれまでの薄毛対策とは根本的に違うものであり、抜け毛の原因となっている原因に直接働きかけることが出来ます。そのため男性型脱毛症に悩む多くの人にとって非常に大きな助けとなりました。これまでの薄毛対策の多くは対症療法ばかりであり、原因に対して有効な手段となっていなかったのです。しかしAGA治療の始まりによってその状況も大きく変化することになりました。そんなAGA治療に使用される治療薬としてはプロペシアが有名です。この薬は飲み薬であり、毎日継続的に服用することによって抜け毛の発生を抑制する効果があります。よく誤解をされていますが、このプロペシア自体に発毛効果があるわけではなく、プロペシアによって抜け毛を抑制して自然に生える髪の毛が育つように環境を整えるのが目的です。髪の毛を生やす目的ではミノキシジルが有名な存在です。かつては服用することもありましたが、現在では塗り薬として外用薬として使われるケースが殆どになりました。このミノキシジルは発毛効果が期待される薬としてAGA治療で活躍する薬の一つに数えられているのです。